2008年の干支 子年

2008年(平成20年) 子年

2008年の干支は子年(ねずみ)です。十二支の中では一番目の動物として表わされています。
これは十二支の順番を決めたといわれる競争をした時に2番目の丑年の牛の頭の上に乗ってゴール寸前で
飛び出して一番になったという物語が面白い話と思います。ズル賢いのがネズミの特徴かと思います。

正確には戊子(つちのえね・ぼし)と呼ばれる子年です。
干支と十二支がわかるはこちらから

タグ

2010年10月29日|