2012年の干支 辰年

2012年の干支 辰年

来年 2012年(平成24年)の干支は辰年です。
干支には十二支と呼ばれるものと十干(じっかん)とよばれる「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十種類に分け方がありその組み合わせによって名前が決定されています。
特徴
2012年の辰年の特徴は正義感と信用という今の日本からはかけ離れたものが来年の辰年の特徴です。
伝説の生き物である辰(龍)が十二支の中で来年にあたります。
2012年(平成24年)の場合、十干は「壬(みずのえ・じん)」、十二支はご存知の「辰(たつ・しん)」なので、干支は「壬辰(みずのえたつ・じんしん)」となります。

十干は、陰陽五行説に基づいて「木・火・土・金・水」の五行と、「陰・陽」の「兄(え)・弟(と)」に分けられたものです
木(き)は甲・乙、火(ひ)は丙・丁、土(つち)は戊・己、金(かね)は庚・辛、水(みず)は壬・癸。木は、陽である甲が「木の兄(きのえ)」、陰である乙が「木の弟(きのと)」、火は、陽である丙が「火の兄(ひのえ)」・・・と割り当てられます。

十二支にも特徴があるように十干にもそれぞれ特徴があり。
2012年の干支にあたる十干は「壬(みずのえ)・水の兄」。この十干の特徴は
"妊"に通じ、陽気を下に姙む意などの意味と説いているところや水のように自由に適応していく等のユニークさを持ったものとあらわされていたりします。
これらの説もいろいろありすぎてまとまりませんが上記のような事が書かれていあるところが多いようです。

年末に向けて数多くの印刷屋さん等が辰年の年賀状や縁起物などを製作お披露目しているようです。
数日前にも純金の辰の置物がニュースで紹介され今高騰している金なだけに騒がれましたね。

毎年縁起物などは開運や縁起物として龍の置物などが市場に賑わいをもたらしてくれます。

辰年に関しての関連記事

辰年生まれの性格

タグ

2011年9月24日|