今年の干支はコレ!干支のことまるわかり

干支や十二支に関して

干支や十二支の色々な情報を集めてみました。
年末年始にかかわらずいろんなところで話題に上がりますね。
これらのことを勉強する機会って意外と少ないものです。
ここではそんな干支や十二支にまつわるいろいろな情報を揃えております。

今年の干支

「ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、ゐ(い)」
皆さん、十二支は知っていますよね?一年ずつ動物が割り当てられていて、干支の年は「年男、年女」なんて言いますね。
日本には、干支に関するこんなおもしろいお話が伝わっています。
むかしむかしの年の暮れ、神様が動物たちを集めてこう言いました。
「お正月になったら新年のごあいさつに来なさい。早くついたものから12番目まで、順に一年間ずつその年の大将にしてあげよう」
それを聞いた動物たちは大喜び。特にネコは喜びすぎて、あいさつに行く日をすっかり忘れてしまったのでした。そこでネズミに「あいさつに行くのは何日だったっけ?」と聞いたところ、ネズミは何食わぬ顔で「二日だよ」と答えました。
おおみそかの夜、足の遅いウシは晩のうちから出発することにしました。ネズミはその背中に気づかれないようにひょいっと乗りました。
翌朝、ウシが一番乗りしようとしたところ、すばやく背中から飛び降りたネズミが一番に。続いてウシが二着。 走りで早いトラは三着。その後ウサギが四着。続いて雲に乗ったタツがたどり着き、後ににょろにょろとヘビが。そしてウマ、ヒツジが次々と到着。12番目まではあと4匹です。その頃「犬猿の仲」のイヌとサルはけんかしながら御殿に向かっていました。そしてその間をニワトリが取り持ちながらなんとかゴール。最後にすごい勢いでイノシシが飛び込んできて、12着となりました。
さて、元日は昼寝をしてゆっくりと過ごしていたネコですが、二日の朝は早々に御殿に到着しました。しかしあいさつの日は一日だったことを知り、ぼうぜんとします。 ネコがネズミを見ると追いかけるようになったのは、それからのことだとか…。

というようななんとも面白い歴史が存在しておりこれらは古代中国から伝えられたとされていますがいつ頃にこれらが伝承されたのかは定かではありません
十二等分された十二獣は暦の数え方だけに使われているわけではなく時間を示したり方位を表し足りるように様々な生活の単位として使われてきたことから古より慕われてきたことが伺えますね

2012年 平成24年の辰年

来年の干支に当たるのは十二支の中は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の中からは辰年
十干は甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の中からは壬(みずのえ)が当たります。
60年前にも同じ組み合わせの年がありました。その年の生まれの人は還暦ということになります。

当サイトの更新情報はRSSフィードでも配信しています。